忍者ブログ
Posted by - 2017.12.16,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 棒果 - 2008.08.07,Thu

流星群  /  鬼束ちひろ
作詞‧作曲:鬼束ちひろ 編曲:羽毛田丈史


言葉にならない夜は 貴方が上手に伝えて
絡み付いた 生溫いだけの蔦を 幻想だと傳えて


心を与えて 貴方の手作りでいい
泣く場所が在るのなら 星など見えなくていい


呼ぶ聲はいつだって 悲しみに變るだけ
こんなにも醜い私を こんなにも証明するだけ でも必要として
貴方が觸れない私なら 無いのと同じだから


曖昧なだけの日日も 何處まで私を孤獨に
褪せる時は これ以上望むものなど 無い位に繫いで


想いを稱えて 微かな振動でさえ
私には目の前で 溢れるものへと響く


奇跡など一瞬で この肌を見捨てるだけ
こんなにも無力な私を こんなにも覺えて行くだけ でも必要として


貴方に觸れない私なら 無いのと同じだから


數えきれない意味を遮っているけれど
美しいかどうかも分からないこの場所で 今でも


叫ぶ聲はいつだって 悲しみに變わるだけ
こんなにも醜い私を こんなにも証明するだけ でも必要として


貴方が觸れない私なら 無いのと同じだから

(以下為中文歌詞)

==流星群==


說不出話語的夜晚
你卻高明地表達
將纏綿不已徒留微溫的常春藤
比喻作幻影
把心交給我 給我你親手作的就好
倘若有個地方可以哭泣
看不見星星也無所謂


呼喚總是無時無刻 化作悲傷
愈是這般醜陋的我 愈是如此地證明
但若有必要的話
如果我是你無法觸摸的
那無疑意謂我毫不存在


連曖昧不明的日子
也無時無刻逼我孤獨一人
當一切褪色時
卻又讓我無欲無求不再期待


歌頌這份思念 對我而言
那細微的震動
眼前看來竟彷彿滿盈思念聲聲作響


奇蹟只會在一瞬間 拋棄這寸肌膚
愈是這般無力的我 愈是如此銘記在心
但若有必要的話
如果我是你無法觸摸的
那無疑意謂我毫不存在


雖掩飾了數不盡的意義
此刻我仍在這個不知美麗與否的地方


呼喚總是無時無刻 化作悲傷
愈是這般醜陋的我 愈是如此地證明
但若有必要的話
如果我是你無法觸摸的
那無疑意謂我毫不存在

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Monthly Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
Author:
棒果
Age:
117
Birthday:
1900/05/24
job:
大學生
About this BLOG:
本BLOG為管理人
心情抒發以及作品發表處
有任何疑問感想歡迎留言玩耍

聯絡信箱
rubyshinshowm★gmail.com
New Article
New comment
[12/20 NM]
[09/21 Eden520]
[06/27 棒果]
[09/28 Eden520]
[09/14 MN]
Coffe time
バーコード
Search
Hits
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]